• ホーム
  • 女性用バイアグラにもシルデナフィル!

女性用バイアグラにもシルデナフィル!

2020年02月15日
薬と薬のケース

シルデナフィルは男性用のED治療薬の有効成分として使われていますが、性器周辺の血流改善を促す効果があるので女性にも有効です。
主成分としてシルデナフィルが入っているラブグラが海外では製造されており、海外の薬局などでは承認を受けて販売しています。
ラブグラはシルデナフィルを含んでいて女性用バイアグラの認知されていて、ウーメラのジェネリックに該当します。

先発医薬品のウーメラと同じ作用が期待できる薬で、血流改善を促進することで性器周辺の感度を高めることが可能です。
ウーメラやラブグラとは別の女性用バイアグラは、フリバンセリンもあります。
これらの女性用バイアグラと呼ばれている薬は、性的欲求低下障害の改善に役立ちます。

シルデナフィルを含むラブグラを飲むことで、神経伝達物質のドーパミンの分泌を活発にする効果があります。
神経伝達物質のセロトニンの量を抑制して、ドーパミンの量を増やしますので、性的な興奮度を向上させることにつながります。
女性特有の症状に更年期障害があり、加齢などが原因です。

更年期障害前の時期には性的欲求低下障害になりやすくなるために、男女間のセックスレスを防ぐためにラブグラを使用することがおすすめです。
女性用バイアグラは錠剤タイプの医薬品なので、性行為の30分ほど前に1錠を水と一緒に飲みます。
錠剤を飲むだけで性的欲求低下障害の予防になるために、手軽に症状を改善できる点がメリットです。

セックスレスに陥っていない人であっても、元々の体質が不感症の人にも有効な効果が期待できます。
血液の流れを活発にする作用で感度を向上できることで、不感症の改善のために飲むことが可能です。
血流改善作用をもたらすために副作用として、目の充血や吐き気、胃痛、頭痛などの症状が出ることも考えられます。
通常であれば薬の効き目が減退する頃には副作用の症状は治まりますので、4~5時間ほどが経過したときには落ち着きを取り戻せます。

性的欲求の低下を感じたらフリバンセリン

セックスをしても濡れないという不感症の方におすすめなのがラブグラやウーメラです。
女性用バイアグラとも呼ばれ、バイアグラと同じシルデナフィルを有効成分として使用しています。
シルデナフィルには血管拡張作用があり、性器周辺の血流改善がされて濡れやすくなります。
バイアグラ同様に目の充血や吐き気・頭痛と言った副作用もあるものの、薬の効果が薄れていくと共に副作用も落ち着き後遺症を残す心配もありません。

ただ、更年期障害前の時期になると、性的欲求自体が低下していく方もいます。
性的欲求低下障害と呼ばれます。こういった症状にはフリバンセリンを試してみましょう。
血管拡張という体に影響を及ぼすラブグラと違い、フリバンセリンは元々は抗うつ薬として使われていた薬、脳神経に直接作用するのです。
服用することで、神経伝達物質ドーパミンの分泌を向上させ、その働きを阻害するセロトニンの分泌を抑えてくれます。

セックスしたいという気分を促すことで膣の分泌液が多く出るようになるのです。
ただし、実際にどれくらいの効果があるかは個人差があります。
それに、そのような状態となるためには毎日1回、少なくとも8週間は服用を続けなければならないのです。
必要なときにだけ服用すれば効果の出てくるラブグラとは違います。
めまいや吐き気・低血圧・倦怠感、といった副作用が出てくることもあります。

たとえ生殖の必要はなくなってきても、パートナーとの円滑な関係を保つためにも性生活は人間にとって必要なことです。
年齢だからしょうがないとあきらめず、試してみてもよいでしょう。
日本ではまだ承認されていない薬ですが、フリバンセリンの愛用者は世界中にたくさんいます。

関連記事
EDの人はスローセックスがいい

EDとなりパートナーとのセックスが上手く行かなくなった男性の多くは、男としての自信を失い精神的に悩んでしまう人が多いです。そのためEDを改善するには本人だけでなく、妻や彼女といったパートナーの協力が必要となります。症状を長引かせたくない人は、素直にパートナーに相談し2人でEDの改善を目指すべきです。...

2020年07月26日
外科手術が必要な血管性ED?

血管性EDは全身の血流が悪くなり勃起不全となるものです。その原因は動脈硬化にあり、十分な血液が勃起の元となる海綿体に流こまないためにEDの現象が起きるとされています。これを治療するためには血液の流れを良くし十分な血液が海綿体に必要に応じて流れ込むようにすることが必要で、このためには外科手術を必要とす...

2020年06月21日
夏になると精子の量が減少する?

現代の男性は昔の人に比べて精子の量が少なくなっている上、夏になるとさらに精子は減少します。冬に比べると夏は汗をかく量が多いため、汗と一緒に亜鉛が流れて失われます。この亜鉛が失われることで精子の量が少ない状態になったり運動率下がり、不妊の原因にもなります。さらに勃起不全を引き起こすので、子供がほしくて...

2020年05月14日
EDになったら狭心症も疑うべき!

EDの原因にはいくつかの種類があり、場合によっては病気が原因の可能性もあります。EDになる病気は循環器系の病気が中心で心臓病、狭心症、心筋梗塞、不整脈などが疑われます。もちろんこれらの病気であってもEDではない人も多くいますが、ペニスの勃起が正常であったのが衰えてきた場合には、病気との関係性が伺えま...

2020年04月19日
AGA治療薬はEDを引き起こす!?

プロペシア(フィナステリド)などの治療薬は薄毛で悩んでいる人に最適な医薬品ということですが、副作用のリスクもあることを知っておきましょう。そのためドクターの指導のもとに正しく服用する必要があります。プロペシアの主な副作用としてはEDや性欲減退、勃起機能低下、うつなどの症状が挙げられます。治療薬の副作...

2020年03月24日
EDに効果的なサプリメントをおさえる

EDの改善には医薬品が効果的ですが、初期の段階では必要ありません。現在において下半身が元気なのに、3日後に急にEDになることはありません。少しずつ進行していくので自覚しにくく、30代後半くらいから自覚症状が出てくる場合が多いです。なんとなく勃起力が落ちたと感じたときは、EDに効果的なサプリメントをお...

2020年02月24日
EDと早漏悩み、両方ある!スーパーPフォースの出番

EDと早漏の両方の悩みがある方にはスーパーカマグラがおすすめです。バイアグラのシルデナフィルとプリリジーのダポキセチンが含まれており、ED合併による早漏も解消できます。EDと早漏は同時に起きることがあり、勃起力が不十分になることで射精調整が難しくなるわけです。まだ大丈夫だと思っていたら、いつの間にか...

2020年02月20日
バルデナフィルとタダラフィルという有効成分

バルデナフィルやタダラフィルはどちらもED治療薬に含まれている有効成分のことです。バルデナフィルとはレビトラの一般名で陰茎の海綿体平滑筋の緊張を穏やかにする働きがあることから勃起を助ける働きがあります。ホスホジエステラーゼタイプ5と呼ばれる陰茎の勃起を止める酵素を阻害する働きがあり、国内外の臨床試験...

2020年02月17日