• ホーム
  • EDになったら狭心症も疑うべき!

EDになったら狭心症も疑うべき!

2020年04月19日

EDの原因にはいくつかの種類があり、場合によっては病気が原因の可能性もあります。
EDになる病気は循環器系の病気が中心で心臓病、狭心症、心筋梗塞、不整脈などが疑われます。
もちろんこれらの病気であってもEDではない人も多くいますが、ペニスの勃起が正常であったのが衰えてきた場合には、病気との関係性が伺えます。
ED治療薬に頼る前に循環器系の検査を受けてみましょう。

病気が原因でEDが起こるメカニズムとしては狭心症の場合には、心臓から血液を送り出す力が低下するため身体に必要とされる栄養素や酸素の供給が低下してしまうからです。
狭心症の仕組みは心臓を動かすための心筋への酸素の供給量が低下するというもので、心筋の働きが悪くなることで心臓の働きも悪化します。
通常の状態であれば狭心症であってもそれほど目立った症状は出ません。

しかし、身体を動かすさいには大量の酸素が体中から消費されるため、心筋が必要とする酸素の供給が追いつかなくなり心臓の負担を増加させることになります。
酸素の量が減る理由は消費だけではなく、冠状動脈と呼ばれる心臓に送る血管が何らかの理由で狭くなる、または動脈硬化を引き起こすことにより心筋への血液の流入量が減ることで発生します。

なお、完全に詰まってしまう場合は心筋梗塞となります。
心臓の働きが低下すると動脈に送り出せる血液の量も限られてくるためペニスに供給する血液量も低下してEDになります。
いずれにしてもEDの症状と疲れやすさが出て来るといった場合には循環器系の異常が出ているサインかもしれません。

またED治療薬の多くは、その作用が一致している薬と併用すると降圧の副作用が出やすくなります。
狭心症の薬としてはノルバスクなどがありますが、併用すると血圧が下がりすぎるリスクがあります。
これはED治療薬にも降圧の作用があるためです。
なお、併用禁忌薬としてニトロなどがあります。ノルバスクの場合には併用注意となっているので併用が禁止されているわけではありません。

狭心症に効果的な治療薬

EDと関係性の深い心臓病のひとつである狭心症を発症している時には、狭心症の症状が悪くならないように薬を使った治療が必要になります。
狭心症が起こっているということは、心臓に栄養を供給する冠状動脈が動脈硬化を起こしていることが多くあります。
動脈が詰まってしまい心筋梗塞を発症しないように血管の通りを良くするような薬が必要になるでしょう。

狭心症の薬にはいくつかの種類がありますが最もよく使われているもののひとつがノルバスクで、動脈を広がる作用があり、心臓の負担を大きくせずに血液の流れを良くします。
狭心症を起こしているかどうかを知るためには、運動をした時などに胸の痛みや胸がドキドキとする感じがあるかどうかがサインとなります。
こういった自覚症状がある時にはEDだけでなく狭心症を発症している可能性があります。

もうひとつの方法が心電図検査などを受けることです。
狭心症の発作を起こしている時には特徴的な心電図になるので、検査をしてそれが狭心症の心電図の特徴と一致すると診断がつきます。
その際には生活の中で心臓に負担をかけないよう生活習慣に気をつけたり、ノルバスクなどによる内服治療を行います。

EDの症状だけでは命に関わることはありませんが、狭心症が悪化すると命に直結してくることがあるために、十分な注意をしておくことが必要です。
EDの症状が出はじめた時には、他の臓器にも異常が起こっていることがあるので、他に体調の変化はないかどうかをチェックして、もしも他に調子の悪いところがある時には放置せずに病院を受診することが大切です。
放っておくと症状が進行して重篤な状態になってしまうことがあるので、症状がある時には出来る限り早く受診しましょう。

関連記事
夏になると精子の量が減少する?

現代の男性は昔の人に比べて精子の量が少なくなっている上、夏になるとさらに精子は減少します。冬に比べると夏は汗をかく量が多いため、汗と一緒に亜鉛が流れて失われます。この亜鉛が失われることで精子の量が少ない状態になったり運動率下がり、不妊の原因にもなります。さらに勃起不全を引き起こすので、子供がほしくて...

2020年05月14日
AGA治療薬はEDを引き起こす!?

プロペシア(フィナステリド)などの治療薬は薄毛で悩んでいる人に最適な医薬品ということですが、副作用のリスクもあることを知っておきましょう。そのためドクターの指導のもとに正しく服用する必要があります。プロペシアの主な副作用としてはEDや性欲減退、勃起機能低下、うつなどの症状が挙げられます。治療薬の副作...

2020年03月24日
EDに効果的なサプリメントをおさえる

EDの改善には医薬品が効果的ですが、初期の段階では必要ありません。現在において下半身が元気なのに、3日後に急にEDになることはありません。少しずつ進行していくので自覚しにくく、30代後半くらいから自覚症状が出てくる場合が多いです。なんとなく勃起力が落ちたと感じたときは、EDに効果的なサプリメントをお...

2020年02月24日
EDと早漏悩み、両方ある!スーパーPフォースの出番

EDと早漏の両方の悩みがある方にはスーパーカマグラがおすすめです。バイアグラのシルデナフィルとプリリジーのダポキセチンが含まれており、ED合併による早漏も解消できます。EDと早漏は同時に起きることがあり、勃起力が不十分になることで射精調整が難しくなるわけです。まだ大丈夫だと思っていたら、いつの間にか...

2020年02月20日
バルデナフィルとタダラフィルという有効成分

バルデナフィルやタダラフィルはどちらもED治療薬に含まれている有効成分のことです。バルデナフィルとはレビトラの一般名で陰茎の海綿体平滑筋の緊張を穏やかにする働きがあることから勃起を助ける働きがあります。ホスホジエステラーゼタイプ5と呼ばれる陰茎の勃起を止める酵素を阻害する働きがあり、国内外の臨床試験...

2020年02月17日
女性用バイアグラにもシルデナフィル!

シルデナフィルは男性用のED治療薬の有効成分として使われていますが、性器周辺の血流改善を促す効果があるので女性にも有効です。主成分としてシルデナフィルが入っているラブグラが海外では製造されており、海外の薬局などでは承認を受けて販売しています。ラブグラはシルデナフィルを含んでいて女性用バイアグラの認知...

2020年02月15日